講座内容

・付下げと訪問着の違いを知る

・「スミウチ」を知る

・付下げの柄合わせ

・訪問着の柄合わせ

講座の進め方

プロクラスでは、全3回で完結します。

主に訪問着の柄合わせに特化して講座を進めていきます。

袷着物の構造が分からなくても、「単着物の構造」と「基本寸法の知識」があれば、ご受講いただけます。

 

1回目:付下げと訪問着では仕立てる前の状態と「スミウチ」について学びます。

2回目:付下げの柄合わせ方法

3回目:訪問着の柄合わせ方法

 

※基礎知識として、柄合わせには「寸法の知識」が不可欠です。

 また、寸法は鯨尺でお話しさせていただきます。

対象の方

・入門クラス、または、基礎クラスを終了された方

・入門クラス、または、基礎クラス終了と同等の知識をお持ちの方

・着物の構造と基本の柄合わせが分かる方

付下げと訪問着の違い

付下げと訪問着の違いは、柄の多い少ないではありません。「スミウチ」とはなにか、「仮エバ」とはなにか、実際の反物を見て、その違いを知りましょう。

付下げの柄合わせ

主にあっさりとした柄付けの付下げですが、ポイント柄が着物のどの位置にくるのがベストなのかを探っていきます。

 

訪問着の柄合わせ

すべての柄がつながるように、柄付けされています。どの寸法で柄がピッタリと合い、指定寸法とどのように兼ね合いをとっていくのか、学んでいきましょう。


 

 

プロクラス全3回を終了された方に、終了証をお渡ししています。